平塚パトロール

講演会のお知らせ

定期講演会のお知らせ

「神奈川のホームレスの人びとをめぐる
助け合いの歴史-なんで活動するのだろう?」

神奈川県では1970年代からホームレスの人びとをめぐって、助け合いと運動の歴史があります。平塚パトロールの活動も、この歴史のなかに置かれています。さらにより広く見ると、わたしたちの活動は、日本の全体像に置くことができ、また「世界史」の大きな流れのなかにも位置づけられます。
 今回の学習会では、このような地域的・日本的・世界的な流れのなかで、平塚パトロールの活動の意味を、みなさんと一緒に考えてみたいと思います。
 また、なぜホームレスの人びとの生活や、かれらを助ける活動が、現代社会において、なぜこんなに「しんどい」ものになり、また地域社会から「孤立」したり、「長期戦」になるのかも、考えてみたいと思います。

日時:10月18日(土)
   13:30~14:30 講演
   14:30~ 参加者によるディスカッション
場所:市民活動センター
講師:林真人(社会学者)

経歴
1977年生まれ。専門は都市社会学、地域社会学、批判主義都市研究。東京都立大学大学院社会科学研究科博士課程単位取得退学。博士(社会学)。ニューヨーク大学客員研究員などを経て、現在は金城学院大学准教授。2001年から平塚パトロールに定期的に参加(現在は休み中)。単著に『ホームレスと都市空間』明石書店。論文に"Rescaled "Rebel Cities", Nationalization, and the Bourgeois Utopia", Antipode 47(2) など
スポンサーサイト